【芸能界から永久追放】椿姫彩菜が干された理由…はるな愛に「オカマ扱いするんじゃねーよ!」と暴言を吐き散らした結果・・・

 

椿姫彩菜…見た目の可愛らしさとは裏腹に、底意地悪い女だった。

 

「オカマ扱いするんじゃねーよ!」

 

当然ながら、芸能界から追放された椿姫彩菜は…

 

2008年頃、

突如として

メディアに登場した

椿姫彩菜。

 

よくいる美人タレントの

一人かと思いきや、

可愛らしい見た目と思いきや、

まさかの男性であるという

カミングアウトに

誰もが驚きを隠せなかった。

 

それまでの

オネエ系といえば、

KABAちゃんや

はるな愛さんなど…

 

外見は女性らしくとも、

どこか男性っぽさを

残しているタレントさんが

主流だった。

 

しかし、

その中において、

外見のみならず

内面まで女性にしか見えない

椿姫の存在は注目を集めた。

 

そんな椿姫だが、

突如姿を消すこととなる…

 

その理由が、

大先輩の

オネエタレントの

はるな愛への暴言や

性格の底意地の悪さ

だというのだ!

 

今回は椿姫彩菜が

芸能界から干された理由を

まとめてご紹介しよう!

 

椿姫彩菜のプロフィール

芸名:椿姫彩菜(つばきあやな)

本名:中村有里(なかむらゆり)

出身地:埼玉県

生年月日:1984年7月15日

身長:165cm

血液型:O型

所属事務所:Twin Planet→ホリプロ→Grick

 

椿姫彩菜は、

暁星学園を卒業後、

青山学院大学文学部

フランス文学科を卒業。

 

2006年に、

性別適合手術を受け、

戸籍も女性に変更済みだ。

 

2008年には、

お菓子ブランド

「ガトー・デ・フェ」

を共同で立ち上げた。

 

同年6月には、

初の自叙伝となる

「わたし、男子校出身です。」

を出版し、

ベストセラーとなった。

 

その後も

レッグウェアブランドの

プロデュースなど

精力的に活動。

 

2009年には、

ドラマ

「就活のムスメ」

で女優デビューされ、

舞台

「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」

で初出演も果たした。

 

2012年には、

初の主演舞台となる

「テネシー・ワルツ」

で座長を務めるなど

着々と演者としての

実力をつけた。

 

2014年、

それまで4年間在籍した

ホリプロを退社し、

現在はGrickに所属している。

 

「この度私椿姫彩菜は、

五月いっぱいで、

ホリプロを退社することになりました。

クビでももめたわけでもなく

円満です(笑)」

 

そんな風に

見せかけながらも、

椿姫彩菜は

高いプライドから

発せられた言葉だということが判明。

 

椿姫彩菜が消えた理由・・・

 

次ページへ続きます